にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村
好評終了2017/5/9(火)憧れの富士!残雪の宝永火口宝永山 雪山中級 関東山登りイベント・スキー教室  -東京神奈川埼玉千葉からのハイキング、トレッキング、登山ツアー、スキー、スノーボード、バックカントリーサークル(クラブ山岳会)-
14943861830.jpeg


今回は富士山の中腹にある富士山での最後の火山である宝永火口と宝永山に行ってきました。
今年の富士山の雪は北側は非常に多いのですが、南側は非常に少なくもう雪の島がいくつかある位。平日にも関わらずその島を巡りに多くの登山者とバックカントリーの方が来ていました。
富士宮口から宝永火口にはほぼ横移動のみで楽に行けます。その方向にも登山道上には一部雪が残ってる程度。
しかしながら、この時期、このコースで行く人は殆どいないという今時珍しい、非常にレアなコース。実際にここ数年でこの時期にここを通ったヤマレコはアップされていないという超レアなコース!
そのせいか、雪の斜面のトラバースにも殆ど踏み後もなく、この残雪のつるつるに滑る雪質もあり、非常に難易度が高い状況、アイゼンがなければ通過は命がけとなる位である。軽アイゼンとストックは必要な状況ではありました。
それと同じ位に砂礫の砂の斜面に斜面のトラバースも通るたびに崩れるのでそこの通過も非常に難しかったです。ここの通過は相当に運動神経が良くなければ
砂と一緒に滑落必至です><
ほどなくして、火口に到着。
全国的にも珍しいこの巨大な火口の中央部を登山道が通っていていけるなど、残雪と赤の土と砂礫の混ざった景色が素晴らしく、中央部に新しいベンチとテーブルがあったのには驚きw
山頂へはそこから200mほど登りあげ到着!
眺望も素晴らしく、伊豆半島にあしたか連邦、箱根山に箱根外輪山と!
何と言っても直ぐ眼上に富士山頂が!
最後はヒップソリにグリセイドと少しだけ滑りも楽しめ
適度な時間と適度な強度で快適な登山となりました^^




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑↑今日もポチッと応援ありがとうございます^^





-------------<募集詳細>--------------





houeisan2.jpg


 宝永山(ほうえいざん)は誰もが知るあの富士山の南東部にある富士山最大の側火山で、宝永4年(1707年)の宝永大噴火で誕生した標高は2,693mの山で、富士山の最新の側火山でもあります。
 毎年、GW前に富士宮口五合目までのアプローチである富士山スカイラインが開通する事により、多くのスキーヤーや
スノーボーダー、登山者が残雪を求め登り始めます。
今年は4/28日に開通する予定ですのでそのタイミングに合わせ、登る予定です。
 富士宮口からなら五合目から六合目に登るだけでさほど登る事もなくほぼ横移動で登頂できる事から
5月頭から11月中旬頃までと長い期間登られる人気のコースともなっています。
例年、雪があったり、なかったりと砂利と雪の混合のコースとなる可能性が高いです。
雪の急斜面を横切る可能性もありますので、雪山装備の携行は必ず御願いします。

この機に神奈川、静岡の人にとって富士山の代名詞である横のでっぱりである宝永火口、宝永山に
挑戦したい方いましたらご遠慮なく御参加下さい。

※場合により雪がない可能性もあります。



[場所]:宝永山(富士山、静岡、2693 m)


[難易度]:雪山?中級※雪がない場合もあります。

[参加条件]:ピッケル、アイゼンの他、持ち物の不備がなく、雪山初級以上の経験のある方。
        その他、注意事項を御覧下さい。

[行程] 標準タイム:3時間程(往復) 、距離5km(往復)

富士宮口五合目→六合目→宝永第一火口縁→宝永第一火口→宝永山(ピストン)

最高標高:2693m、最低標高:2381m
標高差:312m、累積標高差:388m

参考ヤマレコ:https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1130844.html
富士山スカイライン開通情報(4/28AM11開通予定):
http://www.city.fujinomiya.lg.jp/fujisan/sceu1h0000005i8m.html
http://www.pref.shizuoka.jp/kensetsu/ke-230/mt_fuji_road.html


参加方法:
 申込みはフォームにて、お問い合わせはメールにてお願い致します。
 入会・参加申込みフォーム
 kantomtguide@yahoo.co.jp
  ※当サイトの御参加方法を御確認下さい。
  ※必ず、申込み山行名、ハンドル名(呼びやすい名前)、名前、年齢、性別、最寄り駅、山行経験を添えてお申込み下さい。
  ※安全の為、40歳以上の方はフォームにて全ての項目に御記入下さい。
  ※PCメール拒否設定等は解除の上返信をお待ち下さい。
  ※ホットメールでは届かない事が多々ありますので他のメールにて御願いします。
  ※どうしても届かない場合にはコメントをご利用下さい。
  ※こちらからも届かない場合には24時間以内にコメントに書き込みますのでコメントの御確認もお願い致します。


集合:中央林間駅AM7:00 に集合し車で登山口まで移動致します。

 乗車募集定員4名
 ※5名以上の場合、大型自動車を借りられれば7名まで御対応可能です。
 ※水以外の珈琲、紅茶、コーラなど濃い飲物の飲用、食事は御遠慮下さい。
 ※安全の為に交代等で助手席でのサポートをお願いする事もあります。
 ※経路や高速の使用に関しましては渋滞等総合的に判断しましてこちらで決めさせて頂きます。

 交通費(1人あたり) 3000円程

 ※最小開催募集人員2名


登山開始:AM10:00

下山予定:PM15:00



----------<持ち物>-----------

必携品:

ニット帽等
防寒マスク(目だし帽等)、
保温性があるハイカット登山靴
レインウエア
防寒着適宜(ハードシェルウエア等、インナーダウン×2、ダウンパンツ、フリース、保温性インナー、ロングスパッツ等)
グリップ付手袋
防寒手袋
レインスパッツ(アルパインスパッツ)、
リュックサック
水、お湯(テルモス(魔法瓶)、飲料水用)、飲むゼリー等 、行動食及び非常食等、昼食
ストック2本、アイゼン(12本爪、軽アイゼンでは効きません)、サングラス
ライト、マップ、コンパス、、レスキューシート、ビニール袋2,3枚
ピッケル、サングラス

推奨品:わかん、ゴーグル



----------<注意事項>--------- 以下、御了承頂いて御参加下さい。

今回はガイドツアーではありません。御参加は自己責任にて保険に加入の上御参加お願いします。
集合時や山行中迷子にならない様に整列し、はぐれない様に御協力下さい。 危急時には御協力下さい。
魅力あるイベントや見識を増やす為にも見頃の時期や未踏の地などを中心に企画しております。
参加者個々人が自己完結できる準備をし、みなさんで協力してのイベント遂行をお願い致します。
緊急連絡先シートをリュックの外ポケット等にビニール袋に入れて携行下さい。
(氏名、住所、電話番号(自宅、携帯)、緊急連絡先電話番号 と その関係、誕生日、血液型、契約保険会社、証券番号)
緊急連絡先の方に山行スケジュールを伝えておいて下さい。
異性との出会い目的、他のコミュニティーやサークル、個人イベント、団体イベント、ツアー等、他サイトの紹介、宣伝、勧誘、お誘い、参加者同士の連絡先の交換はご遠慮下さい。
急なキャンセル等で最少開催募集人数を割った場合には中止となります。その様な事のない様にご協力お願い致します。
キャンセル料を頂いていない関係で、急なキャンセル等などや、申し込みが最少開催募集人数を割った場合でも開催希望がある時には
交通費の不足分を参加者様で分担頂く場合もあります。
協調性がなく指示に従えない方、喧嘩、クレーム等高圧的な方は大変危険な状況に陥りますので
御参加はお断わり致します。
同様に当イベント等で過去に問題を起こした方等の御参加もお断わり致します。

天候、その他の条件、事情により変更、中止の可能性があります。
山行途中であっても安全を優先し引き返す事もあります。
また、交通事情(事故、渋滞)により到着できない事もあります。
その場合でも御返金はありませんので予めご承知置き下さい。

降水確率が50%以上で大雨予報がでてる場合などは中止とする場合があります。
開催可否のコメントは前日の18時までに致します。
必ずコメントを御確認下さい。

中止の場合でも翌日に順延、場所変更など代替案を出せる場合もありますので、御協力をお願い致します。

以上、御了承頂いた方のみ御参加下さい。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑↑今日もポチッと応援ありがとうございます^^

スポンサーサイト

コメント

沢山の御連絡、御問合せ真に有難う御座います。
只今、立ち上げたばかりですが
お一人様のお申込があります。
他にも気になる方、御参加希望の方
折られましたら御遠慮なく御連絡下さい。

URL | ID:-

明日は晴れのち曇り降水確率0-20%と良い予報ですので予定通り開催致します。
この後も御連絡がつけばご参加できますので
御遠慮なく御連絡ください。

URL | ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ