にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村
登山に必要な物って何?お得な買い方!永久保存版 関東山登りイベント・スキー教室  -東京神奈川埼玉千葉からのハイキング、トレッキング、登山ツアー、スキー、スノーボード、バックカントリーサークル(クラブ山岳会)-
soubi.jpg


登山ってどういう物が必要なの?
これから登山を始めようとしている方や始めたばかりの人、もう一度、おさらいしたい人にも参考になれば幸いです。

登山用品を集めるにはやっぱりネットで購入するのが手早く早いです。
登山用品が非常に安価に売っていたり、たまにセールをやっていて
非常に安く売っていたりもしますので楽天市場やアマゾンで購入する事が多いです。
お店としては楽天市場のナチュラムで何度も購入しておりますので信頼性も高いです。
たまにセールでお得な商品もあったりするので度々覗いています。

☆楽天市場




☆楽天市場のストア ナチュラム

ナチュラム 楽天市場支店


☆アマゾン
時間がない時や直ぐに必要な時には即日発送してくれたり場合により当日発送もしてくれる
amazonもよく利用しています。

amazon

☆ヤフオクでの購入はお勧めしません。

 ・なぜなら、ヤフオクでは中国の方が中国等で製造されたコピー商品を違法に販売していたりと
粗悪な物を買わされる可能性が非常に高いからです。
また、日本の方でも中国からコピー商品を不法輸入し本物として販売してるケースも非常に多く見受けられます。
実際に当方も何件もその様な出品者を発見しています。
特に世界中でやられ流行っている登山では世界的な有名メーカーも多く、多くのコピー商品が製造されているのも事実となります。
特に高額な、ハードウエアシェルウエア、寝袋、テント、登山靴、リュック、サングラス等多くのコピー商品を発見しています。
たとえば、そんな粗悪品を買ってしまった場合には山行中に壊れ命にかかわる事象にも発展するかも知れません。
税関でも厳しく取り締まっているはずではある物の、現在でも一向になくならないのも事実で、
個人的な数千円程度のブランド物でもない登山メーカー等のコピー商品にまで手が回せないと言うのが現状なのだと思います。
これは度々メディアでも報道される程、現在の社会問題の一部にもなっている程の事象ともなっています。
見分ける手段としてはストアらしい店からの出品でも半額や9割引と言った非常に安い物は疑ってみるのはもちろん、
流れ品や個人輸入の品を個人が出品してる場合や、メーカーの本物の写真を代用してる場合には判断の術はありませんので
偽物でありながら本物の値段で売買される可能性も否めなく、登山ではそれを買った落札者の命が心配になります。
ですので、少なからず命を掛ける登山では信頼性を第一に考え、ヤフオクは控え
ネットを使う場合には、楽天やアマゾンなどの信頼できるストアからできる範囲で安く購入する事をお勧めします。


-----------
登山必携品
-----------

・帽子(ハットやキャップ等)

・グリップ付手袋(軍手でも可)

・ストック
 最初は安い物でも可。

・機能性インナー(上下)
 保温性のある物や、発汗、逆に冷やす物、こむら返りや肉離れ、関節痛予防のものまである。
 CWXが最も信頼性があり使われている。

・防寒着(インナーダウンやフリース等)
 夏であっても必ず防寒着はもしもの時の為にも携行する。

・登山靴
  用途により、トレランシューズ、軽登山靴、重登山靴、雪山重登山靴等あり
  ※軽い靴の方が速くて疲れないので、ハイキングには軽登山靴がお勧め!!

・リュックサック
  日帰り25L位、小屋泊40L、テント泊50L以上 強度的にも登山用がベスト
  ※近年、モンベルをはじめ超軽量リュックも販売されてきている!!

・レインウエア
  ゴアテックス製防水透湿性素材がベスト、性能頑丈さ耐久性共に最高。長持ちするので結果コストパフォーマンスも最高。冬場のアウターウエアとしても使用可能。登山としては薄手(12デニール等)のゴアテックスウエアはすぐに切れてしまうので使用不可。
  ※ゴアテックス以外は安全性の面からお勧めできません。ゴアテックス一択です!!

・水
  ・水は1Lから2L程
  ・スポーツドリンクやクエン酸ドリンクなども疲労回復に良い。スポーツドリンクだけにすると飲めなくなってくるので真水も持っていく。
  ・下山後の糖質、プロテイン(たんぱく質)、クエン酸等も翌日の疲労を軽減。
  ・お茶、珈琲類などのカフェインが入ってるものは利尿効果があるので脱水症状を起こし易く
  更に、トイレが少ない登山では不適。麦茶も麦茶のミネラル成分に利尿効果があり不適
 ハイドレーションシステムがおすすめ。

↓詳しく書いてありますので参考に見て下さい。↓
脱水症状にならない為には 効率的な水分補給のすすめ!

・昼食等
  ・おにぎり、パン等。お湯があるなら、スープやインスタントラーメン等も良い。
   昼食では暖かいものをとると、食欲回復と疲労回復に良い。(夏でも)

・行動食・非常食
  ・登山では行動中に栄養補給をする為と、遭難時の為にいつでも食べれる物を持って行く。
   カロリーメイト等のシリアル系、飲むゼリー、飴、ドライフルーツ、ピーナッツ等
   チョコレートは秋から春まで、夏は溶けてしまいます。
   冬場は大福や赤飯などのもち米類が凍らなくて良い。

・ライト
  ・登山用ヘッドライトがベスト。ハイキングで念の為に携行するなら小型のハンドライトでも可。

・マップ

・コンパス

・保険証(コピー)

--------------------
あると便利な物
--------------------

・レインスパッツ
 足首からの水や泥の進入を防いでくれます。

・ストーブ(ガスバーナー)
 山頂でお湯を沸かしたり料理を作ったりもできます。



---------------------------
雪山の場合に追加で必要な物
---------------------------

・防寒着適宜沢山
 インナーダウン、フリース、ダウンパンツなどその時期の最低気温に合わせ充分な量を適宜準備する

・ハードシェルウエア(上下)
 雪山用に強くできているウエアである。雪の上でも滑落しずらく滑り止め加工されているものが多い。

・ニット帽
 寒い時には頭部の保温が必要。

・防寒マスク
 顔の露出をさせないための防寒着。
バラクラバなど

・テルモス(魔法瓶)
 氷点下(特にー5℃以下)になる場合には飲み水は凍ってしまうのでテルモスに入れ持ち運ぶ。

・アルパインスパッツ
 生地の強いレインスパッツ。
 アイゼン、ピッケル等を使う場合には切らない様にアルパインスパッツを使う。

・アイゼン
 雪や登山道の状態により軽アイゼンから12本爪アイゼンまで使い分ける。

・スノーバスケット
 柔らかい雪の場合、ストックが雪の中に刺さり過ぎない様に大きめのバスケット(リング)に交換が必要。

・ピッケル
 難しい雪山に行く時やヒップソリのブレーキとして使う場合に必要になる。雪山に行くなら安全の為できれば携行したいものである。

・わかん、スノーシュー等
 柔らかい雪の上を歩く場合に足で雪を踏み抜かない様に浮力を持たせ、普通にあるける様にするかんじきの一種。

--------------
その他の道具
--------------

・スキーやスノーボードの道具

・テント泊の装備




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑↑今日もポチッと応援ありがとうございます^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ