ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
好評終了2017/5/21(日)秩父のジャンダルム 二子山 鎖場上級 関東山登りイベント・スキー教室  -東京神奈川埼玉千葉からのハイキング、トレッキング、登山ツアー、スキー、スノーボード、バックカントリーサークル(クラブ山岳会)-
14954401620.jpeg
二子山 西岳山頂にて

14954401290.jpeg
二子山 西岳


今回はクライミングでも鎖場でも知らない人が居ない位非常に有名な二子山に行って来ました。何々百名山とか冠はないながら、これだけ知られていて、山登りしてる人なら知らない方がおかしいとも言われる位の山も珍しいのでは?!
そのせいもあって、北アルプスなどの岩場鎖場に行く前のトレーニング場としても非常に人気があるエリアでもあります。
今回も負けじ劣らず鎖場に行きたいと!!
鎖場のスタート地点となる股峠までは直ぐに到着でき、それも人気がある所以。
マムシグサに初め、ヤブヘビイチゴ、残りかけのニリンソウと幸先良く、
花々がお出迎え!
最初は双耳峰の東岳から!
東岳方面の鎖は垂直よりもトラバース系が多く、足場の少ない所を横切るなどかなりの高度感がある。難易度も去る事ながら高い所が苦手な人は苦労するかも。
こちらの頂きは花々も多く、丁度、ヤマツツジが満開を向かえ、ドライフラワー状になってしまっているイカリソウも所々にあり、ツクバネウツギなども迎えてくれました。
幾多の鎖を越え山頂に着くと、険しい頂きの山頂らしく回りの景色も良く、正面の両神山の険しさも良く伝わってくる。快晴の登山は眺望が最高です。
反対の西岳を見ると、岸壁に沢山の人が張り付き、大きな声で叫びながら下山していた。これから、あそこを登るのが楽しみである。

股峠に下山し西岳を登り上げる。
登りは一般コースで下りは上級コース!
一般コースと言えども一般登山道ではなく難路指定となる。
登りではトラバースの岩や直登の岩色々とバリエーションがあり
面白い!
丁度、カラマツソウが見頃を向かえ、花も出迎えてくれている。
最後に痩せ尾根を通過すると山頂に!!

こちらからも最高の眺望!やはり両神山がすばらしい^^

下山は上級コースにて!

上級コースはほぼ垂直のコース!
しかしながら、岩質が違いナイフの様な感じで
全てがガバで掴み易く、垂直の割には非常に取り付きやすい^^

高さが怖くなく慎重に行けばなんとか行けるレベルという感じ!

途中にウツギの花もさいていて、なぜか全く逃げないトカゲも応援してくれましたw
もちろん、その場でぱしゃりw

今回はコースは短いながらも鎖場、岩場だらけの緊張感ある
素晴らしい山行となりました^^

周りを通過する人達のアドレナリン全開、テンションマックス状態の
登山者達も、この山の魅力をものがたっている様な気がしました。






にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑↑今日もポチッと応援ありがとうございます^^










-----------------<募集詳細>------------------

futagoyama.jpg
futagoyama3.jpg
futagoyama2.jpg


今回は秩父のジャンダルムといわれるあの二子山に!
二子山(ふたごやま)は、埼玉県秩父郡小鹿野町にある山で、群馬県多野郡神流町との境界近くにある山となります。
石灰岩からなる岩峰であり西岳(1,165.8m)と東岳(1,122m)から成る双耳峰。
ロッククライミングの聖地でもあり、特にクライミングで登頂できる事から三ツ峠と共にミックスクライミングとして日本で最も人気のあるエリアの1つにもなっています。登山よりもクライミングで有名な山となります。
 今回はそのクライミングの聖地にある一般登山道と難路登山道を通る予定です。
登山道といえども難路では上級コースに指定されている所もあり、多くの鎖場と岩稜を楽しめるエリアとなっています。
特に鎖場まで10分程度でアプローチできるなど、北アルプスに上る前の鎖場の練習場所としても人気のある場所となっています。

 鎖場が好き、鎖場が得意、鎖場を練習したい方いましたら
この二子山に挑戦しに行きませんか?

御参加したい方いましたら御遠慮なくご参加ください。

※鎖場が苦手、高い所が苦手な方は御参加は御遠慮下さい。
※難路指定で高度感はありますが、超上級レベルの妙義山、戸隠山程のレベルまでは行きません。


[場所]:二子山(1166m、埼玉、秩父)

[難易度]:鎖場上級

[行程] 標準タイム4時間程 、距離3km

倉尾登山口→股峠→二子山(東岳)→股峠→三等三角点 (二子山)→二子山(西岳)→魚尾道峠脇→股峠→倉尾登山口

標高:最高1166m最低 約925m
標高差:約241m 、累積標高差:約500m


参考ヤマレコ:https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-879407.html
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-228569.html


参加方法:
 申込みはフォームにて、お問い合わせはメールにてお願い致します。
 入会・参加申込みフォーム
 kantomtguide@yahoo.co.jp
  ※当サイトの御参加方法を御確認下さい。
  ※必ず、申込み山行名、ハンドル名(呼びやすい名前)、名前、年齢、性別、最寄り駅、山行経験を添えてお申込み下さい。
  ※安全の為、40歳以上の方はフォームにて全ての項目に御記入下さい。
  ※PCメール拒否設定等は解除の上返信をお待ち下さい。
  ※ホットメールでは届かない事が多々ありますので他のメールにて御願いします。
  ※どうしても届かない場合にはコメントをご利用下さい。
  ※こちらからも届かない場合には24時間以内にコメントに書き込みますのでコメントの御確認もお願い致します。


集合:中央林間駅 AM7:00 に集合し車で登山口まで移動致します。
 乗車募集定員4名様
 ※5名以上の場合、大型自動車を借りられれば7名まで御対応可能です。
 ※水以外の珈琲、紅茶、コーラなど濃い飲物の飲用、食事は御遠慮下さい。
 ※安全の為に交代等で助手席でのサポートをお願いする事もあります。
  
交通費(1人あたり) 3500円程
 
 ※最小開催募集人数:2名


登山開始:AM11:30

下山予定:PM16:30




----------<持ち物>-----------

必携品:

帽子
登山靴、
レインウエア
防寒着(インナーダウン、フリース等)
グリップ付手袋(必須)
レインスパッツ
リュックサック
水(1~1.5L)、飲むゼリー等 、行動食及び非常食等、昼食
ストック、サングラス
ライト、マップ、コンパス、、レスキューシート、ビニール袋2,3枚

推奨品:ヘルメット、セルフビレー

----------<注意事項>--------- 以下、御了承頂いて御参加下さい。

今回はガイドツアーではありません。御参加は自己責任にて保険に加入の上御参加お願いします。
集合時や山行中迷子にならない様に整列し、はぐれない様に御協力下さい。 危急時には御協力下さい。
魅力あるイベントや見識を増やす為にも見頃の時期や未踏の地などを中心に企画しております。
参加者個々人が自己完結できる準備をし、みなさんで協力してのイベント遂行をお願い致します。
緊急連絡先シートをリュックの外ポケット等にビニール袋に入れて携行下さい。
(氏名、住所、電話番号(自宅、携帯)、緊急連絡先電話番号 と その関係、誕生日、血液型、契約保険会社、証券番号)
緊急連絡先の方に山行スケジュールを伝えておいて下さい。
異性との出会い目的、他のコミュニティーやサークル、個人イベント、団体イベント、ツアー等、他サイトの紹介、宣伝、勧誘、お誘い、参加者同士の連絡先の交換はご遠慮下さい。
急なキャンセル等で最少開催募集人数を割った場合には中止となります。その様な事のない様にご協力お願い致します。
キャンセル料を頂いていない関係で、急なキャンセル等などや、申し込みが最少開催募集人数を割った場合でも開催希望がある時には
交通費の不足分を参加者様で分担頂く場合もあります。
協調性がなく指示に従えない方、喧嘩、クレーム等高圧的な方は大変危険な状況に陥りますので
御参加はお断わり致します。
同様に当イベント等で過去に問題を起こした方等の御参加もお断わり致します。

天候、その他の条件、事情により変更、中止の可能性があります。
山行途中であっても安全を優先し引き返す事もあります。
また、交通事情(事故、渋滞)により到着できない事もあります。
その場合でも御返金はありませんので予めご承知置き下さい。

降水確率が50%以上で大雨予報がでてる場合などは中止とする場合があります。
開催可否のコメントは前日の18時までに致します。
必ずコメントを御確認下さい。

中止の場合でも翌日に順延、場所変更など代替案を出せる場合もありますので、御協力をお願い致します。

以上、御了承頂いた方のみ御参加下さい。




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑↑今日もポチッと応援ありがとうございます^^






スポンサーサイト

コメント

只今2名のお申込があります。

他にも御参加希望の方いましたら

御遠慮なく御連絡下さい。

URL | ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ