ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
好評終了2017/5/20(土)初心初級 超人気!日本百名山 大菩薩嶺(2057m、山梨県) 関東山登りイベント・スキー教室  -東京神奈川埼玉千葉からのハイキング、トレッキング、登山ツアー、スキー、スノーボード、バックカントリーサークル(クラブ山岳会)-
14952876310.jpeg
大菩薩嶺 山頂標識にて

14952876720.jpeg
バイカオウレン


今回は新緑の日本百名山の大菩薩嶺と花の百名山の大菩薩峠に!
最近の登山ブームもここまで来たかと・・・
駐車場に着くと、GWでもないのに駐車場は満車で湖の駐車場まで使用し
更に、登山口には5台のツアーバスが同時に来ていました。
駐車ではなく来ていただけで直ぐに移動し、またツアーバスがと
一体、何十台来ている事か・・・すさまじい・・・
登山中もずっと人人・・・何百人すれちがったか・・・
下手をすると1日で数千人来ているのか・・・
ここまで多いのは全国の山々を数限りなく渡り歩いてる私でも
高尾山以外では初めての経験。
と、環境よりも人的要因におどろきw

実際の新緑はというとトウカエデにイタヤカエデ、ミネカエデが新緑を向かえ、一部イタヤカエデの花も!
唐松尾根を登って行くと、唐松の新緑がまだまだ、短い葉がかわゆい。
二本だけ、唐松の花も咲いていて超ラッキー!
所々にタチツボスミレもかわいらしい^^

雷岩も山頂も凄い人で写真をとるのにも行列が・・・

石丸峠からの下山道ではかわいらしい黄色のミツバチグリの花が沢山^^
途中の車道脇にはシロバナヘビイチゴも^^
登山口付近は花の宝庫に!

天気にも花にも新緑にも恵まれた最高の登山となりました。
また、近い内に行きたい山です。




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑↑今日もポチッと応援ありがとうございます^^





------------------<募集詳細>-------------------


daibosaturei.jpg
大菩薩嶺から大菩薩峠に続く素晴らしい稜線歩き



大菩薩嶺は奥秩父山塊に位置し、大菩薩連嶺の主脈を構成している。日本百名山の一つになります。
また、道中の大菩薩峠は花の百名山に指定されている二度美味しい山となります。
大菩薩峠と大菩薩嶺の間の尾根からは眺望も良く、富士山をはじめ、南アルプス、乗鞍岳、八ヶ岳、
奥秩父の山々などの展望見事です。
 都心からも近く往復3時間半程と高尾山+α程で登れ、難所もない事から初心者でも登れ、初心者から初級者のみならず
多くの登山者から非常に人気のある山でリピーターも非常に多い山でもあります。
しかしながら、公共交通機関であればバスの乗車も長く始バスと終バスの時間も短く行き辛い山でもあり、
車で手軽に行けると当イベントでも最も人気がある山となっております。もう何回登ったか分かりませんw
時期によって色々な顔を見せてくれる飽きない何度行っても素晴らしい山です。
 更にこの時期は小さな梅に似た花のオウレンであるバイカオウレンやスミレなど小さな花々も咲きはじめ目を和ませてくれます。

御参加希望の方いましたら御遠慮なくご参加下さい。

山行場所:大菩薩嶺(2057m、日本百名山、山梨県)

レベル:初心から初級

コース:上日川峠(トイレ)⇒福ちゃん荘(トイレ)⇒大菩薩峠(トイレ)⇒雷岩⇒大菩薩嶺⇒雷岩⇒唐松尾根⇒福ちゃん荘(トイレ)⇒上日川峠

コース長:約7.2km

標準コースタイム:約3時間半

標高:最高2057m最低1590m
標高差:467m 累積標高差530m

参考ヤマレコ:https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1136325.html
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1136117.html



参加方法:
 申込みはフォームにて、お問い合わせはメールにてお願い致します。
 入会・参加申込みフォーム
 kantomtguide@yahoo.co.jp
  ※当サイトの御参加方法を御確認下さい。
  ※必ず、申込み山行名、ハンドル名(呼びやすい名前)、名前、年齢、性別、最寄り駅、山行経験を添えてお申込み下さい。
  ※安全の為、40歳以上の方はフォームにて全ての項目に御記入下さい。
  ※PCメール拒否設定等は解除の上返信をお待ち下さい。
  ※ホットメールでは届かない事が多々ありますので他のメールにて御願いします。
  ※どうしても届かない場合にはコメントをご利用下さい。
  ※こちらからも届かない場合には24時間以内にコメントに書き込みますのでコメントの御確認もお願い致します。


集合:中央林間駅 AM7:00 に集合し車で登山口まで移動致します。
 乗車募集定員4名様
 ※5名以上の場合、大型自動車を借りられれば7名まで御対応可能です。
 ※水以外の珈琲、紅茶、コーラなど濃い飲物の飲用、食事は御遠慮下さい。
 ※安全の為に交代等で助手席でのサポートをお願いする事もあります。
  
交通費(1人あたり) 2500円程
 
 ※最小開催募集人員2名


登山開始:AM11:00

下山予定:PM16:00



----------<持ち物>-----------

必携品:

帽子
登山靴、
レインウエア
防寒着(インナーダウン、フリース等)
グリップ付手袋
レインスパッツ
リュックサック
水(1~1.5L)、飲むゼリー等 、行動食及び非常食等、昼食
ストック、サングラス
ライト、マップ、コンパス、、レスキューシート、ビニール袋2,3枚



----------<注意事項>--------- 以下、御了承頂いて御参加下さい。

今回はガイドツアーではありません。御参加は自己責任にて保険に加入の上御参加お願いします。
集合時や山行中迷子にならない様に整列し、はぐれない様に御協力下さい。 危急時には御協力下さい。
魅力あるイベントや見識を増やす為にも見頃の時期や未踏の地などを中心に企画しております。
参加者個々人が自己完結できる準備をし、みなさんで協力してのイベント遂行をお願い致します。
緊急連絡先シートをリュックの外ポケット等にビニール袋に入れて携行下さい。
(氏名、住所、電話番号(自宅、携帯)、緊急連絡先電話番号 と その関係、誕生日、血液型、契約保険会社、証券番号)
緊急連絡先の方に山行スケジュールを伝えておいて下さい。
異性との出会い目的、他のコミュニティーやサークル、個人イベント、団体イベント、ツアー等、他サイトの紹介、宣伝、勧誘、お誘い、参加者同士の連絡先の交換はご遠慮下さい。
急なキャンセル等で最少開催募集人数を割った場合には中止となります。その様な事のない様にご協力お願い致します。
キャンセル料を頂いていない関係で、急なキャンセル等などや、申し込みが最少開催募集人数を割った場合でも開催希望がある時には
交通費の不足分を参加者様で分担頂く場合もあります。
協調性がなく指示に従えない方、喧嘩、クレーム等高圧的な方は大変危険な状況に陥りますので
御参加はお断わり致します。
同様に当イベント等で過去に問題を起こした方等の御参加もお断わり致します。

天候、その他の条件、事情により変更、中止の可能性があります。
山行途中であっても安全を優先し引き返す事もあります。
また、交通事情(事故、渋滞)により到着できない事もあります。
その場合でも御返金はありませんので予めご承知置き下さい。

降水確率が50%以上で大雨予報がでてる場合などは中止とする場合があります。
開催可否のコメントは前日の18時までに致します。
必ずコメントを御確認下さい。

中止の場合でも翌日に順延、場所変更など代替案を出せる場合もありますので、御協力をお願い致します。

以上、御了承頂いた方のみ御参加下さい。




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑↑今日もポチッと応援ありがとうございます^^


スポンサーサイト

コメント

只今、1名のお申込があります。

他にも御参加希望の方折られましたら

御遠慮なく御連絡下さい。

URL | ID:-

沢山の御連絡、御問合せ真に有難う御座います。

只今、2名(男1、女1:30代)のお申込があります。

他にも御参加希望の方折られましたら

御遠慮なく御連絡下さい。

URL | ID:-

沢山の御連絡、御問合せ真に有難う御座います。

只今、3名(男2、女1:30代)のお申込があります。

他にも御参加希望の方折られましたら

御遠慮なく御連絡下さい。

URL | ID:-

沢山の御連絡、御問合せ真に有難う御座います。

只今、4名(男3、女1:30代)のお申込
検討中の方が数名いらっしゃいます。

最大申込数は7名、お申込はもう暫くで
終了となります。
御参加も先着順となりますので

他にも御参加希望の方折られましたら
お早めに御遠慮なく御連絡下さい。

URL | ID:-

沢山の御連絡、御問合せ真に有難う御座います。

 明日の天気は晴れ時々曇り降水確率0-10%と
涼しく風も少なく最高の登山日和となりそうですので
予定通り大菩薩嶺山行は開催予定となります。

この後も御連絡がつけば参加の方は可能な場合もありますので
御連絡頂けたらと思います。

URL | ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ