ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ にほんブログ村 アウトドアブログ 山岳ガイド・自然ガイドへ
今のガスバーナーで本当に良いの?登山用ガスバーナーの選び方!!永久保存版 関東山登りイベント・スキー教室  -東京神奈川埼玉千葉からのハイキング、トレッキング、登山ツアー、スキー、スノーボード、バックカントリーサークル(クラブ山岳会)-
jetboil.jpg



登山用のバーナーといえば色々あります。
バーナーがあれば山頂で暑い珈琲タイムやカップラーメン、
はたまた、料理などにも使えます。もしもの時の暖とりにも使える優れものです。
登山初心者を卒業するあたりに一番欲しくなるアイテムでもありますね^^

実は正式にはガスバーナーではなく、ガスストーブと言います。
イメージし辛いのでみなさん、バーナーって呼んでますけどねw

そこでバーナー(ここではあえてバーナーって呼ばせてもらいます)
には非常に沢山の商品が販売されており、色々ありますが
登山に使える物とするとガス缶の形に2通りあります。

ガスバーナーの話をするにはまずはガス缶の知識が必要となります。
登山に使えるガス缶としては以下の2種類があります。

-----------
ガス缶の種類
-----------

1.OD缶(OutDoor缶)タイプ



コンパクトなので軽量コンパクトが必要な通常の登山でのマストアイテムになります。
登山で最も使われているタイプとなります。
コストが高いのが難点である。

2.CB缶(Cassette Bombe缶)タイプ



通常の家庭用のカセットコンロにつかうタイプと同じになります。
大きくてがさばるので、ピクニック、キャンプやハイキングレベルの山の時ならもって行く事もできます。
家庭用の物なので非常に安価となります。家庭用なら100円程度で買える物もあります。

-----------
ガスの中身について
-----------

ガスの中身に関しては通常は液化ブタンとなります。
火力を上げ、寒冷地でも使える様にイソブタンやプロパンを混入しているガス缶や
高級な物にはそれだけのガス缶まであります。
通常は液化ブタンの物でも大丈夫ですが、冬季の高山で使うなどの場合には
高級なガス缶の使用を検討して見て下さい。

ここではじめてガスバーナー本体の話に入ります。

-------------
ガスバーナー(ストーブ)の種類
-------------

登山やハイキングで使用可能なのは大きく別けますと以下の3点になるかと思います。

1.超軽量のガスバーナー OD缶(OutDoor缶)タイプ


プリムスウルトラバーナー

高いですが、一般的には最小最軽量の物で殆どの登山者が同じ物をもっている位の
非常に信頼性が高く非常に人気がある物。登山者であれば一個は欲しい物である。



2.保温性クッカーとのセットのガスバーナー OD缶(OutDoor缶)タイプ


ジョットボイル

保温性のあるクッカーとバーナーのセットで高額だが、冬季のピクニックやハイキングなどにはちょっとだけ
早くお湯が沸いたりと効果を発揮する。効用よりも話題になるというメリットの方が大きいかもw
大きく、重くなるので通常の登山には向かない。
色々なサイズがあり、種類、値段も色々とバリエーションがある。



3.ハイキング用のガスバーナー CB缶(Cassette Bombe缶)タイプ


イワタニ ジュニアバーナー

家庭用のカセットボンベも使えるので非常にコストパフォーマンスに優れるので
大量使用にも向いていますし、コンパクト性を要求しないハイキングなどに向いている。
ガス缶は飛行機には載せられませんので、飛行機で登山に行く場合に持っていき
現地でのコンビニ等でガス缶の入手ができるので、飛行機で登山に行く時のマストアイテムでもあります。

登山ショップで買うと7000円近くしますが、ネットなら3000円台で買えるので
ネットでのコストパフォーマンスに優れる商品でもあります。


-----------
まとめ
-----------

 結局の所、ハイキングではジュニアバーナー、登山ではウルトラバーナー、
飛行機で登山ではジュニアバーナーの選択につきるのではないでしょうか。



※あくまで全国の山々を巡った時の個人の感想になります。
本ページは参考とし、商品選択、使用に関しましてはご自身の責任において御願いします。




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑↑今日もポチッと応援ありがとうございます^^


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ