にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ にほんブログ村
好評終了2017/8/5(土)6(日)日本三名山三霊山!憧れの北アルプス立山 中級 関東山登りイベント・スキー教室  -東京神奈川埼玉千葉からのハイキング、トレッキング、登山ツアー、スキー、スノーボード、バックカントリーサークル(クラブ山岳会)-
15020977930.jpeg
立山 大汝山

15020978470.jpeg
立山 富士ノ折立

15020979000.jpeg
立山 雄山


今回も主催山行にて日本三名山で北アルプスで3000m峰でありながら、初級レベルで行けてしまうと言うこの時期に非常に人気のある立山に行って来ました。
立山の登山口となるのは、言わずと知れた日本有数の温泉観光地である室堂!
2400m程もある事から真夏のこの暑い時期でも20度程しかなく非常に涼しく心地の良いエリアでもあります。昨今では環境も良く整備され、今回、雷鳥沢の山小屋でも温泉に洗い場と本格的な温泉地、登山小屋としても中々に珍しいです。汗も流せすべすべの肌で寝られ次の日も心地よく登山できる珍しい所になるかと思います。
もちろん、テント泊でも^^そう言った意味で小屋泊、テント泊デビューの方にも最適な所かと思います。
 最近は全国的に天候が安定しておらず、関東甲信越が雨、北陸は晴れ模様と言う事で予定通り立山に!実際に最近では珍しく晴れの室堂に立て、立山の全貌が眼前に望む事ができ、次の日の登山が楽しみになるほどでした。
室堂から雷鳥沢までは舗装された遊歩道で歩き易く、その沿道には多くの花々が出迎えてくれ、一面のオンタデ、チングルマ、ミヤマキンバイにミヤマキンポウゲ、ヨツバシオガマ、エゾシオガマに木々の花としても、ハイマツ、タカネナナカマド、ウラジロナナカマドと非常に沢山^^
今回は地獄谷の噴煙も少なく、全貌も見渡せました。ミクリガ池の逆さ立山も圧巻でした。
次の日には大走りからの時計回りでの立山周回!
谷には雪渓が沢山残っており、時折涼しい風が心地良く、雪解けしたばかりの登山道には雪解けと共に咲き始める、ツガザクラやミネズオウ、アオノツガザクラなどもまだまだ咲いていました。ここにも、イワイチョウやハクサンイチゲなどの白い綺麗な花も映えて急騰で疲れた心を癒してくれます。
立山の主尾根にでると、そこからの雷鳥沢や室堂の景色は白い岩とハイマツ等の緑のコントラストが何ともいえない美しさで、ここに来たと再認識させられました。
主尾根にでると花花も変わり、イワギキョウやチシマギキョウにイワツメクサ、タカネツメクサなど高山帯の花々にかわり、何もない所にある花は一段と目立ち目をひかれます。
ここから、岩の登山道となり最後の一息、立山の三つの頂きである。
富士ノ折立、最高峰の大汝山、神社のある雄山と3つ続く。
手軽に登れる山ながら、眺めは大絶景。
時折雲の切れ目から見える、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳、白馬岳も見物!
今回、剣岳は雲に隠れておあずけw
山頂付近からは非常に沢山の人人人・・・・
何と高尾山並みかと思うほど
山頂から一ノ越までは砂礫の下りとなり、慎重に降りないと行けない上に登り下りの区別がないので、人でごった返して大変な大渋滞に
時折、落石させているのを何度もまじかに・・・大きな岩を落としている方も
この初級の山でこの落石とは、人が多いのも危険がますんだなとまじまじと
教えられました。特に渋滞をさけ登山道外を落石させながら歩いてる方もいましたので、非常に怖い思いもしました。
今年は残雪が多く、一ノ越から室堂まではいくつもの雪渓を越える事になりました。
足元も非常に滑りますので、誰もアイゼンは使っては折りませんでしたが、
滑るのが嫌な方や万全を期したい方はアイゼンを使用した方がよいかも知れません。
谷のトラバースでしたので、もし谷に滑落してしまったら大変ですので。

そうは言っても小学生の登山教室で有名な山。
今回も小学生以下の方が非常に多く、半数位は子供だったのも
人気の表れなのかなと。
今回も雨をさけ、晴れの山行場所を選び、終始非常に涼しく、花々も多く、とz何銅も歩き易く最高の山行となりました。
次回の山行も天気に恵まれる事を祈っています。


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑↑今日もポチッと応援ありがとうございます^^





tateyama.jpg


立山(たてやま)は日本の飛騨山脈(北アルプス)北部、立山連峰の主峰で、中部山岳国立公園を代表する山の一つとなります。雄山(おやま、標高3,003 m)、大汝山(おおなんじやま、標高3,015 m)、富士ノ折立(ふじのおりたて、標高2,999 m)の3つの峰の総称で、剱岳とならび、日本では数少ない、氷河の現存する山ともなります。
数多くの冠もあり、日本百名山はもちろん、新日本百名山、花の百名山、富士山、白山と並び、日本三名山、日本三霊山にも数えられ、富山県のシンボルの一つともされている程の山となります。
 また、日本の3,000 m超級の山の最北端の山で、富山県の最高峰であり、北陸4県および環日本海地域の最高峰でもある高さとしても素晴らしい山となっています。
 近年、登山口となる室堂は宿泊所や温泉など観光地化が進み、登山道も非常に良く整備され、険しい北アルプスでありながら夏季には比較的容易に登山もできる様になり、数多くの登山者が訪れる1大観光地&登山スポットともなっています。
 日本人にとって富士山と並び、一生に一度は訪れたいと思う人も多い場所になるのではないかと思います。
富山県と非常に遠いエリアでなかなか行く事もできない所ですので、この機に御一緒したい方いましたら御遠慮なく御連絡下さい。

[場所]:立山(たてやま、3015m、北アルプス、富山)

[難易度]:中級

[行程]:標準タイム: 1+5時間 8km 1泊2日

1日目:標準タイム:1時間
室堂→みくりが池温泉→らいちょう温泉雷鳥荘→雷鳥平

2日目:標準タイム:5時間
雷鳥平→2855m地点→富士ノ折立→大汝山→一ノ越→雄山→祓堂→室堂平→室堂

※エスケープルート
雨天時等は雄山のピストンとします。

標高:最高3015m最低2432m
標高差:583m 累積標高差:912m


参考ヤマレコ:https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-920792.html


参加条件:必要なスキルとしては
      ・標準タイム以内で歩く事ができる。
      ・歩きながら水分補給と栄養補給ができる。(要ハイドレーションシステム等)
      ・痩せ尾根の岩稜帯がありますので岩場鎖場、高い所が大丈夫な方。
      ・開催1ヵ月以内に何度か2500m以上の山に行き高地順応している方。
      ・荒天など過酷な環境下では無理をせず撤退できる方。
      ・その他、募集詳細、注意事項に同意頂ける方。


運営補助費(参加費):4000円(1日2000円×2日)となります。(交通費は別途)
 ガイド主催山行とはなりますが、今回はガイドツアーではなくイベント形式としておりますので
運営捕縄費として4000円のみ頂く予定となります。(交通費等は別途)
 ※運営補助費として1日あたり2000円を頂く予定となります。(3日となった場合には3日分となります)
 ※イベント運営費(事前調査費、ガイド年会費講習会費、専用車両準備金、キャンセルの補填金、共同装備)として
  年に数百万円掛かっている上に入会金、年会費も頂いて折りませんので、その一部の補助費となります。


参加方法:
 申込みはフォームにて、お問い合わせはメールにてお願い致します。
 入会・参加申込みフォーム
 kantomtguide@yahoo.co.jp
  ※当サイトの御参加方法を御確認下さい。
  ※必ず、フォームにて申込み山行名、ハンドル名(呼びやすい名前)、名前、年齢、性別、緊急連絡先とその関係、契約保険会社と証券番号、最寄り駅、山行経験を添えてお申込み下さい。
  ※安全の為、40歳以上の方はフォームの全ての項目に御記入下さい。
  ※登山計画書は北アルプスですので提出が義務付けられています。必ず個々人にて事前提出下さい。
  ※参加し易くする為に行動中はハンドル名(あだな等)での行動で構いません。
  ※御登録頂いた内容はもしもの時の為だけに使用させて頂き、ハンドル名以外他の参加者に教える事はありません。
  ※PCメール拒否設定等は解除の上返信をお待ち下さい。連絡が取れなければ御参加にはなりません。
  ※ホットメールでは届かない事が多々ありますので他のメールにて御願いします。
  ※どうしても届かない場合や返信が無き場合にはコメント等をご利用下さい。
  ※こちらからも届かない場合には24時間以内にコメントに書き込みますのでコメントの御確認もお願い致します。


集合:中央林間駅 AM7:00 に集合し車で登山口まで移動致します。
 ※集合時間、集合場所は参加者で可能な範囲で変更の可能性はあります。
 乗車募集定員4名様
 ※5名以上の場合、大型自動車を借りられれば7名まで御対応可能です。
 ※水以外の珈琲、紅茶、コーラなど濃い飲物の飲用、食事は御遠慮下さい。
 ※安全の為に交代等で助手席でのサポートをお願いする事もあります。
 ※荷物が入らない場合には膝載せの可能性がでてきますので荷物はコンパクトに、
  他に荷物は持ち込まない様に御願いします。
 ※申込の時に小屋泊かテント泊かと、リュックのサイズをお知らせ下さい。
  
交通費(1人あたり) 10000円程(片道5000円×2の計算となります)
 ※富山までの超遠方となりますので交代での運転を御願いする事もあります。
 ※最小開催申込人数:3名

 ※室堂までは車で乗り入れできませんので、別途、立山駅から室堂までのケーブルカーとバスの交通費4310円(往復)は掛かります。
  (室堂までは扇沢駅より往復13,360円、立山駅より往復4310円となりますので、皆さんの負担を軽減する為に富山(立山)まで行き1人9000円を節約する予定となります)
  http://www.alpen-route.com/access_new/fare/person/index.html
 ※公共交通機関の格安バスの場合でも往復で27000円(帰りは昼発のみ)となりますので大分安くなる計算となります。

宿泊:ロッジ立山連峰 または 雷鳥沢キャンプ場となります。
 ※宿泊代は個々人で別にお支払い頂き、個人の責任において予約下さい。
 ロッジ立山連峰 相部屋素泊まり6000円(1人) 風呂あり 要予約 076-463-6004
  ※到着がご飯の時間に間に合わない可能性が高いので食事は持参し素泊まりで御予約下さい。
  http://www.raichozawa.net/lodge.html
 雷鳥沢キャンプ場076-463-5401 1人500円程 トイレ、水場あり。

{タイムスケジュール}:

1日目:標準タイム:1時間

体操

ケーブルカー乗車:AM15:00
※最終PM17:18、間に合わなかった場合には車で仮眠をし次の朝乗車します。

宿、キャンプ場への移動開始:AM16:10

雷鳥平キャンプ場 or ロッジ立山連峰:PM17:00

2日目:標準タイム5時間

登山開始:AM6:00

室堂:AM12:00着

室堂からバスAM12:00発
 最終バスPM17:40

立山駅 AM13:07着

中央林間駅 帰着PM9:00頃
※遅れる場合もありますので余裕を持って御参加下さい。

----------<持ち物>-----------

必携品:

帽子
登山靴、
レインウエア
防寒着3枚以上(インナーダウン、フリース等)
グリップ付手袋
レインスパッツ
リュックサック
水(2.0L~)、飲むゼリー等 、行動食(2日分、昼食分含む)及び非常食等、朝食、夕食。
※夕食と朝食はお忘れなく。
※通常の登山ですので昼食はとりません。行動中は行動食のみとなります。充分な行動食をお持ち下さい。
※行動時間短縮の為、必ずハイドレーションシステム(歩きながら飲める水筒)を持って来て下さい。
ダブルストック、サングラス
ライト、マップ、コンパス、、レスキューシート、ビニール袋2,3枚
緊急連絡先シート等

テント泊の方はテント泊グッズ

推奨品:レイングローブ、温泉グッズ



----------<注意事項>--------- 以下、御了承頂いて御参加下さい。

今回はガイドツアーではありません。御参加は自己責任にて保険に加入の上御参加お願いします。
集合時や山行中迷子にならない様に整列し、はぐれない様に御協力下さい。 危急時には御協力下さい。
魅力あるイベントや見識を増やす為にも見頃の時期や未踏の地などを中心に企画しております。
参加者個々人が自己完結できる準備をし、みなさんで協力してのイベント遂行をお願い致します。
緊急連絡先シートをリュックの外ポケット等にビニール袋に入れて携行下さい。
(氏名、住所、電話番号(自宅、携帯)、緊急連絡先電話番号 と その関係、誕生日、血液型、契約保険会社、証券番号)
緊急連絡先の方に山行スケジュールを伝えておいて下さい。
登山計画書は各自御提出を御願いします。
異性との出会い目的、他のコミュニティーやサークル、個人イベント、団体イベント、ツアー等、他サイトの紹介、宣伝、勧誘、お誘い、参加者同士の連絡先の交換はご遠慮下さい。
急なキャンセル等で最少開催募集人数を割った場合には中止となります。その様な事のない様にご協力お願い致します。
キャンセル料を頂いていない関係で、急なキャンセル等などや、申し込みが最少開催募集人数を割った場合でも開催希望がある時には
交通費の不足分を参加者様で分担頂く場合もあります。
イベントは誰でも参加できる物ではありません。協調性がなく指示に従えない方、喧嘩、クレーム等高圧的な方は大変危険な状況に陥りますので 御参加はお断わり致します。
多くの他会とも問題行為やドタキャン、無断キャンセル等の情報は共有しておりますので
当会で問題を起こしても他に行けば大丈夫という事にはなりません。
良識ある社会人としての行動ができる方のみ御参加を御願いします。
同じく、当イベントに限らず、他のグループでも問題等を過去に起こした方等の御参加もお断わり致します。

天候、その他の条件、事情により変更、中止の可能性があります。
山行途中であっても安全を優先し引き返す事もあります。
また、交通事情(事故、渋滞)により到着できない事もあります。
その場合でも御返金はありませんので予めご承知置き下さい。

降水確率が50%以上で大雨予報がでてる場合などは中止とする場合があります。
開催可否のコメント等は前日の18時頃までには致します。
必ずコメントやメール、メッセージを御確認下さい。

中止の場合でも翌日に順延、場所変更など代替案を出せる場合もありますので、御協力をお願い致します。

以上、御了承頂いた方のみ御参加下さい。




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑↑今日もポチッと応援ありがとうございます^^


スポンサーサイト

コメント

沢山の御連絡、御問合せ真に有難う御座います。

只今、1名のお申込がありました。 

他にも御参加希望の方折られましたら御遠慮なく御連絡下さい。

URL | ID:-

沢山の御連絡、御問合せ真に有難う御座います。

現在、申込2名(男女30~40代)、検討中の方が3名となっております。

他にも御参加希望の方折られましたら御遠慮なく御連絡下さい。

URL | ID:-

沢山の御問合せ、御連絡真に有難う御座います。

只今、お申込がありまして

現在、3名のお申込、1名の検討中となりました。

現在も晴天予報となっておりますので
他にも御参加希望の方折られましたら御遠慮なく御連絡下さい。

URL | ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ