にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
当管理人が選んだ超お得登山グッズなどは楽天ROOMから


Amazon Music 30日間無料体験を始める
80時間のビッグセール Amazonタイムセール祭り!10/1(月)18:00~10/5(金)1:59


好評終了2017/8/19(土)20(日)日本第二の高峰に挑戦! 南アルプス 北岳(3193m、山梨) 中級 関東山登りイベント・スキー教室 山の会 -東京神奈川埼玉千葉からのハイキング、トレッキング、登山ツアー、スキー、スノーボード、バックカントリースキー、サークル(クラブ山岳会)-
15033708210.jpeg
北岳 山頂標識にて

15033707890.jpeg
北岳山頂直下からのモルゲンロート


今回も主催山行にて南アルプスで日本第二の高峰である北岳に行って来ました。
今回は大道である広河原から入りほぼ周回にて。
非常に人も多く渋滞もすごい物があります。
今夏としては非常に珍しく晴れ模様の山行で、それでも、気温は20℃~15℃程と
非常に涼しく、風があると寒い位である。
広河原からの登山道ではまだ標高が1500m程しかなく、コメツガやモミなどの針葉樹がメインとなり、たまにオオカメノキやイタヤカエデなどの広葉樹が混じる。
木々のうっぺいはそれ程きつくなく、登山道脇には早々と多くの花々が出迎えてくれました。広河原周辺のクサボタンの花の群生から始まり、キツリフネ、ジャコウソウ、ソバナにヤマハハコ、よく低山にあるオクヤマコウモリやオクモミジハグマにカニコウモリと春先から咲いている花々も。一本だけ、ノリウツギの花も咲いていました。途中には絶滅危惧種にも指定されたりしている白いハスの様な花のレンゲショウマも一輪だけと咲いていました。超ラッキー!。
他にも白根御池小屋までは樹林帯に囲まれ、次第にダケカンバやナナカマドの木が多くなってきて、小屋を過ぎた辺り位で森林限界を越えてきてほぼ高木がなくなってくる。そこまでにも、まだまだ、花々は多く、黄色の綺麗な花であるミヤマアキノキリンソウに、ハンゴンソウ、キオン、シナノオトギリ、コウゾリナと沢山の花。
紫のヤマホタルブクロにシモツケソウも^^
御池小屋を過ぎる辺りではキンポウゲ科の黄色の小さな花のミヤマキンポウゲとウマノアシガタの花も^^
期待の草滑りでは紫の唇型の花であるミソガワソウに、紫のフウロソウ科であるハクサンフウロとタカネグンナイフウロも。紫の穂状のクガイソウにピンクの穂状のイブキトラノオもあり。上部のお花畑では群生にもお目にかかれました。
他にもセンジュガンピにタイツリオウギ、トリカブトに。
キンバイ系で大型で見栄えがするシナノキンバイにもお目にかかることができました。2500m付近ではマルバダケブキの大群生にもであえ、場所場所で色々な種類の大群生もあり、花花の種類だけでなく数もものすごい物があります。
森林限界を超え、草原のお花畑エリアにでると、更に花は多くなりタカネナデシコにコウメバチソウ、ミネウスユキソウ、リンドウ、トリカブト、ウサギギク、キタダケヨモギ、ハハコヨモギ、タカネヤハズハハコ、タカネコウリンカと、どんどん花花は増えて行きます。
シオガマにかんしては、白色のエゾシオガマに初め、セリバシオガマ、ピンクのトモエシオガマ、肩ノ小屋付近ではヨツバシオガマにミヤマシオガマと沢山のシオガマにであえます。小太郎尾根分岐からは、岩のガレ場となり高山植物の宝庫となる。
白色のシロバナタカネビランジから、イワツメクサ、タカネツメクサ、シコタンソウにトウヤクリンドウと紫のキキョウである、イワギキョウにチシマギキョウ、赤い花のイワベンケイ。肩ノ小屋ではテガタチドリにアカイシミヤマクワガタにもあえました。そこから、北岳山頂に向かうとミヤママンネングサにイブキジャコウソウにも。
ガスはあったものの山頂からは仙丈ケ岳や鳳凰三山、間ノ岳もみれ、岩稜の荒々しいすがたを見せ付けてくれます。日本第二の高峰らしい、威厳のある姿にここまで登ってきた疲れも全てなくなりましたw
翌日の朝は雲海となり雲の上はほぼ快晴で鳳凰三山方面からの御来光に、赤焼けの富士と朝から素晴らしい絶景にも恵まれ、心地のよい気候の中下山の途に就きました。
下山に通る大樺沢では行きには見なかった、青紫の綺麗な花であるミヤマハナシノブに、レイジソウ、紫の非常に大きなアザミであるフジアザミにもであえ、まだまだ、沢山の種類の花に出会えそうな位あらたな花々で癒しに癒されました。

今回の北岳山行では超高山であるのと直ぐに森林限界を超え、更には1500mから3193mと非常に多くの標高帯を通る事から、地表に日差しがよく入り、木々よりも多くの花花に恵まれた、非常に素晴らしい山で非常に素晴らしい山行になったのではと思います。お花好きにも、富士山を登った後に行く山としても向いている素晴らしい山なのではと感じました。一度は行ってみると良い山の内の間違いなく1つになるのではと思います。




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑↑今日もポチッと応援ありがとうございます^^



----------------<募集詳細>---------------

kitadake.jpg


北岳(きただけ)は、山梨県南アルプス市にある標高3,193mの山で、赤石山脈(南アルプス)に位置し、富士山に次ぐ日本第二の高峰です。日本百名山、新・花の百名山及び山梨百名山に選定されており、同じく日本百名山の一峰の間ノ岳、日本二百名山の農鳥岳とともに白峰三山をも構成していて、「南アルプスの盟主」とも呼ばれています。
火山ではない山としては日本で最も高い山で、富士山に次ぐ日本第二の高峰であり、富士山を登った後に登頂を目指す方が多いとも言われている、日本人が二番目に目指す山とも言われています。

この気に日本第二の高峰に挑戦したい方、登りたい方いましたら御遠慮なく御連絡ください。


[場所]:北岳(きただけ、3193m、南アルプス、山梨)

[難易度]:中級

[行程]:標準タイム: 5時間+5時間 10km 1泊2日

宿泊予定:北岳 肩の小屋 http://katanokoya.com/
 小屋泊 or テント泊
 ※宿泊は要予約ではありませんが、予約、お支払いは個々人で御願いします。

参加条件:・1日6時間以上の山行経験がある、または、可能。
      ・歩きながら水分補給と栄養補給ができる。
      ・当日までに定期的に登山、ジョギング、ウォーキング等でトレーニングできる。
      ・最近、2500m以上の山に言った事があり高地順応している方。
      ・荒天など過酷な環境下では無理をせず撤退できる方。
      ・その他、募集詳細、注意事項に同意頂ける方。


運営補助費(参加費):4000円(1日2000円×2日)となります。(交通費は別途)
 ガイド主催山行とはなりますが、今回はガイドツアーではなくイベント形式としておりますので
運営捕縄費として4000円のみ頂く予定となります。(交通費等は別途)
 ※運営補助費として1日あたり2000円を頂く予定となります。(3日となった場合には3日分となります)
 ※イベント運営費(事前調査費、ガイド年会費講習会費、専用車両準備金、キャンセルの補填金、共同装備)として
  年に数百万円掛かっている上に入会金、年会費も頂いて折りませんので、その一部の補助費となります。


参加方法:
 申込みはフォームにて、お問い合わせはメールにてお願い致します。
 入会・参加申込みフォーム
 kantomtguide@yahoo.co.jp
  ※当サイトの御参加方法を御確認下さい。
  ※必ず、フォームにて申込み山行名、ハンドル名(呼びやすい名前)、名前、年齢、性別、緊急連絡先とその関係、契約保険会社と証券番号、最寄り駅、山行経験を添えてお申込み下さい。
  ※安全の為、40歳以上の方はフォームの全ての項目に御記入下さい。
  ※登山計画書は北アルプスですので提出が義務付けられています。必ず個々人にて事前提出下さい。
  ※参加し易くする為に行動中はハンドル名(あだな等)での行動で構いません。
  ※御登録頂いた内容はもしもの時の為だけに使用させて頂き、ハンドル名以外他の参加者に教える事はありません。
  ※PCメール拒否設定等は解除の上返信をお待ち下さい。連絡が取れなければ御参加にはなりません。
  ※ホットメールでは届かない事が多々ありますので他のメールにて御願いします。
  ※どうしても届かない場合や返信が無き場合にはコメント等をご利用下さい。
  ※こちらからも届かない場合には24時間以内にコメントに書き込みますのでコメントの御確認もお願い致します。


集合:中央林間駅 深夜AM1:00 に集合し車で登山口まで移動致します。
 ※集合時間、集合場所は参加者で可能な範囲で変更の可能性はあります。
 乗車募集定員4名様
 ※5名以上の場合、大型自動車を借りられれば7名まで御対応可能です。
 ※水以外の珈琲、紅茶、コーラ、乳飲料など濃い飲物の飲用、食事は御遠慮下さい。
 ※安全の為に交代等で助手席でのサポートをお願いする事もあります。
 ※荷物が入らない場合には膝載せの可能性がでてきますので荷物はコンパクトに、
  他に荷物は持ち込まない様に御願いします。
 ※申込の時に小屋泊かテント泊かと、リュックのサイズをお知らせ下さい。
  
交通費(1人あたり) 5500円程(片道2750円×2の計算となります)
 ※最小開催申込人数:2名
 ※バス代等は別途個々人で御願いします。


----------<持ち物>-----------

必携品:

帽子
登山靴、
レインウエア
防寒着3枚以上(インナーダウン、フリース等)
グリップ付手袋
レインスパッツ
リュックサック
水(2.0L~)、飲むゼリー等 、行動食(2日分)及び非常食等、テント泊の方は朝食、夕食。
※通常の登山ですので昼食はとりません。行動中は行動食のみとなります。充分な行動食をお持ち下さい。
ダブルストック、サングラス
ライト、マップ、コンパス、、レスキューシート、ビニール袋2,3枚
緊急連絡先シート等

テント泊の方はテント泊グッズ

推奨品:レイングローブ



----------<注意事項>--------- 以下、御了承頂いて御参加下さい。

今回はガイドツアーではありません。御参加は自己責任にて保険に加入の上御参加お願いします。
集合時や山行中迷子にならない様に整列し、はぐれない様に御協力下さい。 危急時には御協力下さい。
魅力あるイベントや見識を増やす為にも見頃の時期や未踏の地などを中心に企画しております。
参加者個々人が自己完結できる準備をし、みなさんで協力してのイベント遂行をお願い致します。
緊急連絡先シートをリュックの外ポケット等にビニール袋に入れて携行下さい。
(氏名、住所、電話番号(自宅、携帯)、緊急連絡先電話番号 と その関係、誕生日、血液型、契約保険会社、証券番号)
緊急連絡先の方に山行スケジュールを伝えておいて下さい。
登山計画書は各自御提出を御願いします。
異性との出会い目的、他のコミュニティーやサークル、個人イベント、団体イベント、ツアー等、他サイトの紹介、宣伝、勧誘、お誘い、参加者同士の連絡先の交換はご遠慮下さい。
急なキャンセル等で最少開催募集人数を割った場合には中止となります。その様な事のない様にご協力お願い致します。
キャンセル料を頂いていない関係で、急なキャンセル等などや、申し込みが最少開催募集人数を割った場合でも開催希望がある時には
交通費の不足分を参加者様で分担頂く場合もあります。
イベントは誰でも参加できる物ではありません。協調性がなく指示に従えない方、喧嘩、クレーム等高圧的な方は大変危険な状況に陥りますので 御参加はお断わり致します。
多くの他会とも問題行為やドタキャン、無断キャンセル等の情報は共有しておりますので
当会で問題を起こしても他に行けば大丈夫という事にはなりません。
良識ある社会人としての行動ができる方のみ御参加を御願いします。
同じく、当イベントに限らず、他のグループでも問題等を過去に起こした方等の御参加もお断わり致します。

天候、その他の条件、事情により変更、中止の可能性があります。
山行途中であっても安全を優先し引き返す事もあります。
また、交通事情(事故、渋滞)により到着できない事もあります。
その場合でも御返金はありませんので予めご承知置き下さい。

降水確率が50%以上で大雨予報がでてる場合などは中止とする場合があります。
開催可否のコメント等は前日の18時頃までには致します。
必ずコメントやメール、メッセージを御確認下さい。

中止の場合でも翌日に順延、場所変更など代替案を出せる場合もありますので、御協力をお願い致します。

以上、御了承頂いた方のみ御参加下さい。




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑↑今日もポチッと応援ありがとうございます^^

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ