にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
当管理人が選んだ超お得登山グッズなどは楽天ROOMから


Amazon Music 30日間無料体験を始める
80時間のビッグセール Amazonタイムセール祭り!10/1(月)18:00~10/5(金)1:59


好評終了2018/7/25(水)26(木)北アルプス 花の百名山 西穂高岳 難路の西穂平経由にて 関東山登りイベント・スキー教室 山の会 -東京神奈川埼玉千葉からのハイキング、トレッキング、登山ツアー、スキー、スノーボード、バックカントリースキー、サークル(クラブ山岳会)-
15326886370.jpeg


今回は日本百名山として最も威厳と人気がある奥穂高岳の直ぐ隣りのピークである西穂高岳に行って来ました。
西穂高岳と言えば新穂高ロープウェイからアクセスすれば西穂山荘まで1時間半程でアクセスできる事から人気のある山でもあります。
しかしながら、西穂山荘まででは、1日で登る時間としてはいささか短いですので、今回は登りにはロープウェイを使わずに旧ボッカ道を登って行く事としました。それでも4時間程で登れる距離ですので時間的には短めかと思います。
鍋平駐車場から登り始めると、この日も負けじと酷暑の中、標高1100m程でも気温が30度と非常に暑い。暑さに大分慣れてきているとは言え、最初からたき汗である。
ロープウェイ乗場では花壇もあり丁度キキョウの花が見頃を迎えていました。
そこから、ロープウェイを使わずに西穂平まで舗装林道を登って行きます。西穂平に駐車スペースはありますが、一般車は通行禁止ですので歩いて行きます。
林道脇は丁度ヤマアジサイが見頃を迎えています。その他、センジュガンピやキツネノボタンなどの花も綺麗に咲いています。国立公園らしく植林地はなくブナやトチノキ、桜などの雑木林になっています。
西穂平に着くと、沢水が引いてありましたが、ぽたぽたと浸る程度しかでていませんでしたが、水場はあります。
そこから、旧ボッカ道に入ります。今はあまり通る人も少なく、踏み後も少なく藪を覆いかぶさっている所も多いです。最初は唐松などの樹林帯となり、高度を上げるにつれ、オオシラビソなどの木々が増えてきます。
自然が豊かな所ですので、ここでも花々も多く、黄色の花のカタバミソウ、キツリフネ、サワギク、タマガワホトトギス、オタカラコウ、オオバミゾホオキ、アキノキリンソウ、シナノオトギリ、白い花のゴゼンタチバナ、コバノイチヤクソウ、ヒヨドリバナ、ギンリョウソウ、ホソバヤマハハコなどが咲いていました。
冷たい空気も時折通るのか早々とナナカマドが紅葉を始めています。
旧ボッカ道は難路ですので、土の登山道ながら、藪近漕ぎや土の10cm程の幅しかない崖トラバースが複数あるなど、道幅の細さからかなりの注意が必要です。
肌を出していると藪にやられてしまうかと思います。
急ボッカ道からロープウェイから西穂山荘への一般登山道にでると、石交じりの普通の登山道となります。そこから、30分程で西穂山荘に!
西穂山荘の周りにも丁度花々が多く、オタカラコウに、マルバダケブキ、ヤマハハコ、トリカブト、ミヤマシシウド、ハクサンフウロ、ウサギギク、ミヤマキンポウゲなど沢山の花々が咲いています。テント場からも霞沢岳、笠ヶ岳、乗鞍岳、焼岳などそうそうたる名峰が望めます。
西穂山荘からまずは丸山に向かいます。
そこまでは石混じりの土の登山道となります。
そこからは岩稜帯となります。本格的な岩場鎖場となって行きます。
北アルプスらしい岩稜岩場、鎖場を越えていくと、次にでてくるのが
西穂独標となります。独標直下からは急登の岩場となり難易度が上がってきます。
特に冬季に登るのであれば下は断崖絶壁なのでひとたび滑ったら大変な事になります。
この辺りから登山道の難易度はグレードDとなり、難易度が更に上がって来ます。
そこから、岩稜の痩せ尾根など、幾つもの小ピークを越え、最後の60~70度程の斜度があるだろう数10mの鎖のない岩場が待っています。特に岩場鎖場が苦手な人には苦労するのではないでしょうか。特に下りでは注意が必要です。
そこを登り上げると西穂高岳山頂となります。
もちろん、360度の大展望で近くはジャンダルム越しの奥穂高岳、その東隣に前穂高岳、西隣に槍ヶ岳、その他、黒部五郎岳、野口五郎岳、水晶岳、鷲羽岳、双六岳、三俣蓮華岳、笠ヶ岳、霞沢岳が見えます。遠くには白山、南アルプス、八ヶ岳、富士山なども見渡すことができました。
本当に素晴らしい名峰の1つだと思います。

今回は西穂高岳に登って来ました。
天気にも恵まれ、両日共に晴れと景色も眺望も最高で、
樹林帯歩きに岩稜歩きにと色々な登山道も楽しめ
最後には長い岩場と
素晴らしい山行となりました。


↓↓その他、お得な便利な登山グッズに関してもまとめてありますので御覧下さい↓↓
楽天ルーム:当管理人が選んだお得便利登山グッズ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
↑↑こちらのバーナーをクリックして貰えますと、当サイトのランキングが確認できる他、
日本中の人気登山サイトもみる事ができます。
みなさまでクリックして頂きサイトを盛り上げて行って頂けたら幸いです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ